「いいうた」の頂点(by 岩本祐志) | SABOTEN MUSIC (セレクトCDショップ)

2019/07/24 17:05

ゆうれいのいのちという素晴らしいバンドを紹介するとして、どんな説明をしたら良いのか考えてみた。

ジャンルとしては、インディポップギターポップサウンドの牧歌的な日本語ポップスといった感じ?

もっと単純な言葉で形容するなら、優しい、暖かい、爽やか、切ない、癒されるとか?

いや、そんなことが言いたいのではない。

とにかく曲が最高に良いという純然たる事実を、どうすれば伝えられるのだろうか。

彼らのために「いいうた」というジャンルを新設して、その頂点にいるバンドなのだと高らかに宣言したい。

 

今作「8月、あのコと」は、そんなバンドの魅力が凝縮された、極上のメロディが詰まった1枚。

特に3曲目の「天国列車は海をゆく」がたまらなく大好きで、聴く度に、こんなメロディに出会いたいから音楽を聴いているんだ!という気持ちになる。

(このライブ映像の2曲目、1曲目は収録曲ではないけれどこれもまた良い


 

緩やかに、軽快に加速していくメロディは、「思わず 手を繋ぎあった 二人 永遠のように」という歌詞と共に終わりを告げる。

二人が手に入れた(つもりの)永遠のように、この音楽がずっと鳴り続いたら良いのに、と思う。



【このレビューを書いた人】

山口県でいいうたのイベント「Pop Music」を開催しています。

https://twitter.com/iwamotoyuji

 

CDレビュー募集中

詳しくは

https://www.sabotenmusic.com/review/